予備校で有名な四谷学院に必要な費用

入学金は別段高いということはなく、授業料も良心的

参加できるのは在学生のみですから、その点は注意が必要ですが、四谷学院の授業が受けられることを考えるとかなりお得です。
夏期講習は、入会金が一般生だと約5千円、在学生は無料となっています。
講習の費用は在学生と一般生共に約1万5千円ほどで、一般生の方が少しだけ高めです。
少しといってもワンコインくらいですから、あまり気にしなくても良い誤算の範疇です。
他の大手大学受験予備校と比べると、入学金は別段高いということはなく、授業料も良心的ですし、高校生なら月額1万4千円程度で済みます。
本当に高額な予備校は、入学金が半額でも授業料は倍以上と、年間授業料を計算するのが恐ろしくなるくらいです。
個別指導は入塾料が約2万円で、諸経費は約3千円で共通、異なるのは月額授業料程度となります。
講師と生徒が1対1だと3万円台前半で、1対2であれば2万円台前半まで下がります。
この傾向は高校生向けと中学生向けで同様ですから、高校生だからといって極端に授業料が上がる心配はないです。
高卒認定は入学金が約15万円で、3万円前後の教材費が掛かります。
年間授業料は科目数によりますが、1〜2科目だと約30万円、3〜4科目で50万円強、5〜6科目なら70万円以上です。
高い安いというのは、実は数字だけを見てもあまり意味はなく、特に授業を受けて勉強をするサービスでは顕著です。
期待した通りのサービスが受けられるか、目指す目標に向けて集中できるかなどがポイントとなります。
いずれにせよ、教育の分野で45年以上の実績があるのは事実ですし、毎年安定的に合格者を輩出していますから、本気で大学合格を目指すなら有力な選択肢になるでしょう。

四谷学院は1974年に誕生して新宿を中心に、関東圏で教室を拡大 : 科目別能力別授業と55段階個別指導という、独自の方法 : 入学金は別段高いということはなく、授業料も良心的