予備校で有名な四谷学院に必要な費用

四谷学院は1974年に誕生して新宿を中心に、関東圏で教室を拡大

1974年に誕生して新宿を中心に、関東圏で教室を拡大する四谷学院は、全国的に名前が知られている予備校です。
今では関西圏や九州地方にも進出しており、少しずつ勢力圏を伸ばしているといえるでしょう。
一方、北は札幌や仙台にも校舎を開設しているので、もはや全国規模といっても過言ではないです。
元々は才能開発の教材の開発がルーツにあって、東京都の推薦教材に選ばれた実績を持ちます。
教材開発の成功を足掛かりに、今度は個別指導教室の開校や大検コースの提供、そして大学受験コースの設置と続いています。
現在の四谷学院は、大学受験予備校としてのイメージが強く、高校生や浪人生を対象とした質の高い授業が評価されます。
気になるのは費用ですが、例えば小高1縲鰀2年生向けのコースだと、約3万円の入会金と約11万円の年間授業料が発生する計算です。
他にも、約3万円の諸経費が掛かりますから、年間で17万円くらいが総額となります。
これは週1コマのペースで授業を受けた場合のケースですから、コマ数を増やすとそれだけ金額がアップします。
ただ、一括払いだけでなく2回払いの分納も選べるので、直ぐに費用を捻出したり用意できなくても大丈夫です。
ちなみに高3コースも総額はあまり変わらず、入会金は他のコースと同じですし、違いといえば授業料が僅かに上がる程度です。
コースごとの価格差が小さい理由は、授業内容が収められた映像授業が中心で、映像を教材として繰り返し活用している点が挙げられます。
毎回教室に生徒を集めて授業を行う必要がありませんから、その分コストが浮いて授業料を抑えることができるわけです。

春から仮面浪人のみんなへ(その2)
・仮面先は保険になりません
・受かりたいのか抜け出したいのか分からなくなります
・仮面失敗残留留年より怖いものはないです
・背徳感で死にます
・インスタ見てられないです
・仮面先を予備校だと思いましょう
・社会不適合の方が受かります
・仮面浪人はやめとけ

— ビニル (@C2H4O1) March 16, 2020

四谷学院は1974年に誕生して新宿を中心に、関東圏で教室を拡大 : 科目別能力別授業と55段階個別指導という、独自の方法 : 入学金は別段高いということはなく、授業料も良心的

笶騀 N予備校